北海道旭川より心をこめてウェディングへの想いをカタチにします|フリーランスウェディングプランナー|クローバー(Clover)

会費制ウエディング

2018.11.03
Posted in ウェディング, ブログ, 日々の出来事 | No comments yet

みなさんこんにちは!

秋晴れの文化の日。

今日はドライブも気持ちいいでしょうね〜♡

お隣の庭に住むネコちゃんと、少し距離が縮まり

鳴き真似するとレスポンスが返ってくるようになりました!(進歩)

そのお庭の見事な紅葉!

スタッフと気持ちいいねえ〜なんて話しながら

クローバーは今日も元気にOpenしております

 

カフェの方ですがパン作りが完成しまして

今日から全粒粉入りのまるぱんも販売してます♫

こんな風にプレートランチにして提供しています

スープは日替わりで

ビーツを使ったポタージュや

じわじわ人気のスパイシースープ→(お野菜たっぷり!体が温まるよ

カフェでエプロンつけると何だか張り切ってしまい

パン焼いて研究をかさね(大げさ)みんなに振る舞った後はお店で提供!となりました。

まるパンの後は、大好きなシナモンロール!

オーブンで温めて食べるとこれが美味しいんだよね

まだ未完成なので店頭に並ぶにはもう少しお時間くださいませ。→A型

 

さて!会費制の話でした。

北海道は会費制なので、本州の方はどうやって受付でお渡ししたらいいのだろう??と悩まれると思うのですが

 

道民はお財布から会費を支払います。

ご祝儀袋に入れるのはお祝いとして別に受付でお渡しします。

記念品やお花も。

 

会費制なので、インビテーションカード(招待状)は「案内状」と言います。

発起人がいなくても、担当の方が「世話人」という役割で

 

いつ・どこで・誰が・結婚するので

会費がいくらで「結婚祝賀会」を開催するので

二人の結婚を一緒に祝ってください

 

という内容で送ります。

 

招待制では「両家・または二人」が主催。

会費制は二人・両家に成り代わって「世話人・発起人」が主催。

 

そもそも「発起人」は二人に代わって結婚式を企画する、という役割だから

クローバーの役割としてピタッとリンクするのです。

肩書きは「ウエディングプランナー」だけど

役割は発起人そのもの!

予算・案内状の準備・手配から、果ては当日の受付・サポート・進行もディレクション。

 

おおよその人数と

どんなウエディングにしたいのかを伺って

会場とするレストラン・カフェ・バルなど エグチ本人が「美味しい」そしてウエディング会場に相応しい!と思える場所を会場にお仕立て致します

 

そしてお料理やパーティースタイルによって

ウエディングパーティーの会費をアドバイスします。

 

ゲストの皆さんが出席しやすい金額にしたい、とか

お昼会食で二十人くらいの親戚オンリーなので、予算も軽め

ご招待にして、紅白饅頭を引出物(おみやげ)にした

という新郎新婦さんも。

 

考え方いろいろ。

スタイルいろいろ。

予算もいろいろ。

 

二人が頭の中でイメージしていることを

クローバーで私含めて擦り合わせしませんか?(^^)

 

「両家の親睦を兼ねて」

「親族顔合わせの場として」

「二人の仲間や友人もお披露目の場に出席してほしい」

目的が違うと選ぶ 場所や内容(会費or招待)だって変わります。

選ぶ会場によって料金体系も異なるため

二人の経費も変わります。

 

ご相談料は無料です。

モヤモヤがあったら解消しにきてください

運が良ければ??焼きたてパンも食べれるかも♡

これから結婚式をお考えの方へ10のしつもん

 

トラックバック

トラックバックURL: http://www.hws-clover.com/blog/archives/3635/trackback

コメント