北海道旭川より心をこめてウェディングへの想いをカタチにします|フリーランスウェディングプランナー|クローバー(Clover)

和婚

2018.06.24
Posted in ウェディング, ブログ | Comments are off for this post

北海道はただいますごし易い毎日!

緑は日を追うごとに深くなり

風が気持ちよい最高の季節です

 

今日もガーデン付きのウエディング会場でロケーション撮影をご一緒してまいりました

こちらの花嫁さんは7月が結婚式。

和装は当日着ないので、ぜひ前撮りでと

ご両家のお母様もご一緒に撮影会♪

 

お母様の時代は、ロケはほとんどなくて

通常はスタジオで背景をバックに撮影しました。

カットも2〜3枚同じポーズでシャッターをきって

目つぶりの無い、カメラマンが良いと判断した写真を六つ切り台紙に貼り、新郎新婦は出来上がった写真をそこで初めて見る訳です。

 

今はデジタルで、その場で確認できるし選べるのが良い♡

しかもスマホで自撮りするセルフポートレートなんかも出来ちゃうし。

私も撮影に同行し、お客様のお写真を撮影します♡ プランナー目線の写真を

今日もお客様にお送りしました 喜んで頂けるといいな

 

さて、和婚といえば神社結婚式が代表ですね。

STYILE 1

神社で結婚式をしたあと

和テイストの大広間で結婚披露宴。

ご家族・ご親族・そして仲の良い友人達のメンバー構成で

ふたりもお食事を楽しんで

婚礼会場のような演出は無くても

いろーんなことができちゃう!

ステージがある会場では

薦樽の鏡開きなんていかがでしょう?

お酒じゃなく、今回はなかに巻物にお名前を書いていれておき

抽選会♡をいたしました。

 

サプライズで和太鼓の演奏があったり

これは花嫁さんがつくったつまみ細工のヘア飾り!

すてきでしょ

 

結婚式って

式場じゃなくても出来るんです♪

 

カフェでもできちゃう。

この写真は富良野にある「あかなら」さん。

新富良野プリンスホテルでのお下見を経て、旭川に帰る前に立ち寄りました。

丁度チェロのコンサートを行う所。

 

ドラマ「北の国から」で吾郎さんとシュウが会話をしていたロケ地。

あかならという名前の前は「北時計」でした。

 

ふたりが「ここで!」という想い出の場所があれば

そこでどんな結婚式・パーティーができるのか

 

一緒に考えます

 

ゲストの立場になったり

親御さまの気持ちになったり

二人と目線を合わせて

きちんとした「結婚式」になるように。

 

フリーランスウエディングプランナー 江口は

等身大のウエディングを叶える

ふたりの結婚式の「発起人」でありたいと思っています。

 

結婚式は挙げた人しかわからない心に残る深い感動があるの。

そこに立ち会えるって

本当にしあわせだな、と思ってます(^_^)

 

秋からのウエディングもまだお受けできます。

ファミリーでの会食はもちろん、ロケフォトやパーティーなども

ぜひご相談を♪ 良い知恵だします<3(ちからこぶ)