北海道旭川より心をこめてウェディングへの想いをカタチにします|フリーランスウェディングプランナー|クローバー(Clover)

フリースタイルウエディング

2017.04.16
Posted in ウェディング, ウエディングレポート, ブログ | Comments are off for this post

仕事仲間のGさんご夫婦から年末にお電話をいただいて

「実は結婚する事になったんだ」と嬉しいご報告をいただきました

二人で持ち寄り料理を両家で用意して、わいわいパーティー出来たらいいな♪

そこからスタートでした ♥︎

 

持ち寄りのお料理とな。

これは公共施設か、フリースペース(キッチンがついてるのが必須!)しかないな。

旭川ならこことか、こういうところとか、どうかな?と提案。

花嫁さんのご実家が札幌ということで、札幌で会場探しをすることになり

1FがCoffeeショップで2Fがフリースペースになっている所もありどうかな?とご提案。

最初は自分自身もうまく会場に行き当たるかと少し躊躇してましたが

私の前職プロデュース会社は、イメージに合えば

インテリアセンターのペントハウススペースを式場としてお借りしたりとか

30名キャパのレストランを全て借りて挙式とパーティーを行ったり

公共施設(音楽ホール)や湖のほとりとか、緑が繁る公共エリアでウエディング、

婚礼会場、ホテルではない会場でウエディングは、もはや普通のことだったので

 

お仕事つながりでアトリエとかお貸し頂ける所ないかな?

と花婿さんと相談したらビンゴ♪ 着地しました♡

 

ご結婚式のお日取り迄そんなに期間も無いことから、会場お下見に同行し

テーブル数何台はいるか、椅子は何脚あるか、照明は、音響は、動線は・・・などなど

当日使用出来るものはすべて使わせていただこうとプランを練る!

そして新郎新婦様のお仕事柄、会場コーディネートは専門分野♪

ゆえに、ご準備するものはお客様にご用意して頂くことに

お友達が貸してくれるって言って下さったり、お祝いで必要なアイテムをいただいたりと

何かと交友関係が幅広いので、その点はお任せ。

 

さすがです

花嫁さんの好きな「☆」をテーマに

Nightウエディングでしたので電球をつけ

セレモニースペースはシアタースタイルに。






前日会場設営を新郎Gさんと一緒にせっせと行い

荷物も満載でしたので、初札幌ドライブで

新郎新婦と連絡がつきやすいように、同じホテルにてそのままSTAY.

当日お支度が整い会場へご一緒に移動。

 

会場到着後ゲストの皆さんをお待ちして

受付がすんだらチェキタイム

プリントしておひらきのあとには全員にプレゼントしました

 

お料理はビーガンの「いただき繕」さん。

盛りつけも素敵☆

ウエディングケーキだってお豆腐でつくっちゃう!

パーティーの後半にセレモニースペースへ移動して

人前結婚式

お友達が作成してくださったふたりのムービーの上映

花嫁からご両親へ感謝のお手紙を

そして花束贈呈とご挨拶

 

ゲストの皆さんをお送りしたあと、後片付けを始めていたら

花嫁さんニコニコしてメイン席で

「余韻を楽しんでます」と微笑んでいらっしゃいました

おふたりも

ご家族も

ご親戚のみなさんも

学生時代の友人や

社会人になってからの友人

そして職場の仲間

 

みんなふたりの大切な方たち。

 

結婚式は「お披露目」がメインの目的であるけれど

遠路はるばる

交通費をかけて

晴れ着をお召しになって

女性ならば美容室へ行き

会費とご祝儀や記念品を贈り

ふたりをお祝いする為に駆けつけてくれる。

 

なんて有り難い存在。

 

お集りいただいた皆様に「夫婦として」これから見守って頂くことと

二人それぞれの親戚が、ふたりの親戚になる

ふたりそれぞれの大切な仲間がふたりの仲間になる。

 

「結ぶ日」

 

こう考えると

結婚ってほんとうに不思議。アメージング!

 

この日ばかりはフリーランスになってからの友人のひとりとして

司会進行させていただきまして

 

撤収作業のあと、荷物満載の車で旭川へむかう私は

ほっとして

岩見沢付近の高速でホワイトアウトでビビり眠気も覚め

翌日お片一緒に出来なくてごめんよ〜と心の中で二日酔いの花婿を案じながら

 

星空のような空間のウエディング会場を思い出しながら

帰路についたのでした。

 

あれから一ヶ月が過ぎて

あんなに積もっていた雪は解けてしまいました。

3月は

商業高校の生徒さんとコラボして、イベントご一緒したり

お店が一周年記念でLIVEを開催したりと

年明けからめまぐるしいです。

 

心から楽しいと思えること

直感で「よい」と思えるもの

 

結婚式は「なんのために」行うのか

お客様とプランナーと一緒に考え

今年も等身大のウエディングを大切にプロデュースをしてまいります。

 

ほんとにほんとに楽しかった一日半でした

 

デザイナーズウエディング♪

ゼロから生み出すって凄いなと実感しました。

ご希望のプレ新郎新婦さんご一緒に非日常の空間にしてみませんか?

カウンセリング

テーマとアイコンをおふたりのウエディングスタイルに合わせて

デザインしていく

アイテム

空間コーディネート

世界でたったひとつのオリジナル

 

プロが結婚式をあげるお二人にデザインサポートする

デザイナーズウエディング

 

スタートします♪

 

気になる方は、ぜひお問い合わせを